センスは磨ける?!

更新日:1月29日


あなたは、人を見て「この人センスあるよね」って感じたことないですか。


それって生まれ持った才能?それとも努力でセンス良くなるの?

センスって先天的なものだと思って諦めている人が多いのではないでしょうか。

私は、センスは磨けると確信しています。

センスは、感覚的。その感覚を向上させるには、どうすれば良いのか。

私は、インテリアデザインの仕事をしている中で、センスは磨くことができることに気がついたのです。

センスとは、ファッションで考えると分かりやすいと思います。

自分にとって好ましい、似合っているものとそうで無いものの区別がはっきり判る。だからカッコ良くてセンスのある人だと人は感じるのですよね。


どうすれば磨けるのか、それは、視覚、聴覚、イマジネーションを意識することで鋭くなると思います。

脳の研究で同じようなことが書かれている記事を発見しました!それぞれの脳に専門領域があり、それを鍛えることで能力が高まると言う内容です。記事の中では記憶力も関係しているらしいです。

また脳内でネットワークができ発展していくと書かれていました。

見ること、聞くこと、イメージすることを常に意識しながら日々を過ごすとセンスが磨けるのです。

そう思うとヨーロッパの街並み、欧米の空間を日々見ながら暮らしている海外在住の人達は、センスが良くなるのも理解できます。



もう一つ大切なイメージする能力は、意識的に行う必要があるかもしれません。

私は、妄想癖があるのですが、そのことが無意識的にイメージする力が養ってきた気がします。

それは記憶の仕方にあるように思っています。だから記憶も関係すると書かれていたのかも・・・

私の場合、人の話や覚えなければいけないことは、全て画像です。

何もかも画像化してしまいます。

人のお話は、話の内容を映像化していく。話す内容が、頭の中で動画のように描いていきます。だから、「ここってどうなっているの?」とか疑問が湧く部分が明確になるのです。

覚えるものは頭の中でスクリーンショットする感じです。

このようにしてセンスを磨いて来たように思います。生まれつきなのか、と聞かれるとそうではなく、自分が気になる部分を意識的に見たり、聞いたり、創造したり、そして記憶していたような気がします。

センスは、感性とも言える部分です.。皆様も感性豊かな人間になり、センスよく生きるために磨いてみてはどうでしょうか。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示